お見積り、お問い合わせ、データ入稿はこちらから

ピンバッジの種類

デザイン・数量・納期によって最適な製作方法があります 製作方法は主に4種類

プレス加工 印刷 貴金属 エッチング

ピンズの王様で手掛けるピンバッジには主に4つの製作方法があります。デザインや使用する色によって利用する加工 方法が異なり、またご希望の納期や数量によっても大きく方法は異なります。お見積りの段階で、ピンバッジの使用用途 やイメージするデザイン、納期・数量など詳しくヒアリングした上で最適な方法をご提案させて頂きます。
お気軽にご相談下さい。

立体感、重厚感、渋みを出すのに最も適した製作方法 プレス加工

メッキ

  • ゴールド
    ゴールド
  • 真鍮いぶし
    真鍮いぶし
  • ニッケル
    ニッケル
  • 銀いぶし
    銀いぶし
  • ブロンズ
    ブロンズ
  • 銅いぶし
    銅いぶし
特徴
最もシンプルな加工です。
一般的な、金・銀・銅色の仕上げからアンティークなイメージの燻し加工も有ります。歴史、渋みを持たせることが出来ます。
燻しは加工手順から個体差があることも特徴です。
同じ金型から色分けが可能で、種類分け・ランク
分けまたは、コーポレートカラーに合わせて使い分けてください。

本七宝

本七宝
特徴
最高級品です。社章やバッジ、というジャンルではなく、工芸品を身に付けるという表現がぴったりです。七宝独特の色鮮やかな仕上がりは他の制作方法では真似できません。
製造過程
プレスで作った凹部分に七宝ゆうやくを入れ、高温で焼き付けます。その後研磨をかけ、表面を滑らかに仕上げていきます。

最もクラシックな製法。高級感があります。

疑似七宝

疑似七宝
特徴
装飾工芸の七宝焼きと同じ表現が出来る上、七宝に無い色を調色により作ることができ、工芸品の落ち着いた雰囲気と、高級感が出せる方法。
製造過程
透明エポキシに塗料を混ぜ合わせて作り、プレスによってできた凹部分に入れ、熱硬化させたあと、表面を研いでからメッキします。

本七宝と違い、疑似七宝では豊富な色が使用できるため、色にこだわりを持たせたい場合は最適の製作方法です。

ラッカー

ラッカー
特徴
凹部分に直接色を流し込むことで、凹凸を直接手で感じることができます。疑似七宝と比べると比較的細かな色入れも可能です。
製造過程
プレスによってできた凹凸部分にラッカーを流し込み着色します。

紫外線による色の劣化に強く、凹凸により立体感も出すことができます。色の表現も豊かです。

ラッカー(エポキシ)

ラッカー(エポキシ)
特徴
ラッカーと同じく凹部分にラッカー塗料で色入れをします。最後にエポキシでコーティングすることによって、全体に丸みを帯びて厚みがでます。
使用している色によっては光沢が増します。
製造過程
プレスによってできた凹凸部分にラッカーを流し込んで、上部をエポキシでコーティングします。

厚みと光沢が素晴らしい製作方法です。キラリと光る、存在感あるピンバッジを求める場合は最適です。

ページの一番上に戻る

凹凸による立体感は出ませんが、ほとんどのデザインが表現可能 印刷加工

シール印刷

シール印刷
特徴
グラデーションや多色にも対応できる方法です。デザインにこだわりがある場合はこの方法をお勧めします。
版代もオフセット印刷に比べて 安価に作成することができ、少量のピンバッジを製作するときには最適な製作方法です。
製造過程
印刷を施したシールを磨きをかけた生地に貼り、印刷面保護のためにエポキシ加工を施します。

フルカラーのデザインで短納期の場合はこの製法をお勧めします。

シルク印刷

シルク印刷
特徴
比較的細かいデザインも忠実に再現でき、単色の場合シルク印刷を使用します。
塗料も鮮明でどんな色でもピンズに載せることができます。
製造過程
目の細かいメッシュ状のスクリーンの上にデザインした、版(フィルム)をセットし、網目から塗料を直接材質に塗布します。通常塗料の保護と質感を高めるためにエポキシ加工します。

単色で色数が少ない場合は、色のはっきりでる、シルク印刷をお勧めします。

オフセット印刷

オフセット印刷
特徴
最もよく使われる印刷で4色のインクを組み合わせることによって、写真のように非常に細かいデザインや色を印刷することができます。
グラデーションなどの印刷も可能。また大量の生産に適しています。通常塗料の保護と質感を高めるためにエポキシ加工します。
製造過程
C(シアン)M(マゼンダ)Y(イエロー)K(ブラック)4色のローラー型の刷版を用いて生地に転写する印刷方法です。

制作数が多く、比較的納期に余裕がある場合は、安価に製作できるオフセット印刷がお勧めです。

アクリルバッジ

アクリルバッジ
特徴
素材の特徴として軽くて・透明感があります。
フルカラー印刷によって、色鮮やかにデザインを印刷可能です。
既存の金属製バッジには無かった形の自由さも特徴です。
製造過程
アクリル板をレーザーでカットを行い、印刷を施します。
側面を磨いて、ツヤを出すことも可能です。
ページの一番上に戻る

純金・純銀を用いてひとつひとつ手作業で仕上げる最高級品 貴金属加工(国内産・日本製)

純銀・金張り

純銀・金張り
特徴
純銀と純金を合わせた最も豪華なバッジです。色あせ、錆びや汗に非常に強く、一つ一つ手作業で製作するので、通常では困難なデザインもある程度作成することが可能です。
製造過程
金型で生地をプレスし、純金を貼り付ける方法。銀は腐食しやすいため薄くロジウム加工を施す。

純銀や18金を使用して製作します。高級な製品をお求めの場合や、一部役員様の社章を貴金属にする場合はお勧めです。

純銀・全面金張り

純銀・全面金張り
特徴
基本は上記と同じく錆びや色あせに非常に強いです。表面がすべて純金のため金メッキを代用して量産することも可能。
製造過程
あらかじめ、純銀の上に金を張った生地を金型でプレスし成形します。

純銀や18金を使用して製作します。高級な製品をお求めの場合や、一部役員様の社章を貴金属にする場合はお勧めです。

純銀・金挿し(凹部分)

純銀・金挿し(凹部分)
特徴
純銀製バッジの凹部分に金メッキを施したバッジです。
製造過程
プレスで成形した後、銀の腐食防止のため、ロジウム加工を施し、最後に金メッキを挿す。

純銀や18金を使用して製作します。高級な製品をお求めの場合や、一部役員様の社章を貴金属にする場合はお勧めです。

純銀・金挿し(凸部分)

純銀・金挿し(凸部分)
特徴
プレスの金型に石目をつけ、アンティーク調をだすことも可能です。上記とは逆に凸部分に金メッキを挿しています。
製造過程
基本的にプレスと同じ方法で成形し、最後に凸部分に職人が手作業で金メッキを挿して完成させます。

純銀や18金を使用して製作します。高級な製品をお求めの場合や、一部役員様の社章を貴金属にする場合はお勧めです。

ページの一番上に戻る

プレス加工では実現できない細かな凹凸も表現可能 エッチング加工

ラッカー

ラッカー
特徴
薬品により凹凸を出す方法です。着色はプレス同様に可能です。凹凸が浅い分、プレスに比べて細い線を出すことが出来ます。
製造過程
金属を腐食させて出来た凹にラッカー色を入れて着色します。

細い線が多いデザインの場合はこの製法をお勧めします。

ページの一番上に戻る
ピンズ製作のポイント

お見積り・お問い合わせ・データ入稿はこちらから

料金案内

全国対応!
0669813948
05055395600
HOME
ピンズの王様7つの特典
制作実績
社章
団体・メンバー章
イベント・販促用
ストラップ・その他
PDFをご覧になるにはAdobe Systems社より無償提供されている Adobe Reader が必要です。
Get ADOBE READER

キャンセル・返品について