25余年の実績と経験で高品質・低価格・短納期を実現 全国対応

06-6981-3948 050-5539-5600

  • お見積もり・お問い合わせ・データ入稿
  • FAXお?積もりシート
  • tel
  • mail

MENU

スタッフブログ

  1. TOP
  2. スタッフブログ
  3. マグネットの留め具 その1

2021/06/30

マグネットの留め具 その1

グネットの留め具に関してお問い合わせをいただく機会が増えております。

 

 

今回は

従来の針やネジの他に、需要が増えてきているマグネット留め具の

活用方法、注意点などを、実際の事例を交えてご紹介させていただきます。

 

SDGs(エスディージーズ)バッジ マグネット
マグネット留め具

一回目は素材に関して

 

初めてピンバッジの制作をご検討の方でもわかりやすく解説していきます。

 

材料などの細かな部分は弊社がご案内いたします。

普段のご相談で、お客様が材料の内容まで把握していただく必要はありません。

ご安心ください

 

 

ピンバッジは一般的に「真鍮」とか「銅」といった材料を使って制作を行います。

しかし、マグネット留め具を使えるようにするには、

「鉄」を使って制作を行う必要があります。

 

 

鉄は、普段ピンバッジ制作で使われる素材に比べて

硬く

加工が難しい素材です。

 

硬さ
145
真鍮や銅 100
純銀 40

(数値は弊社独自の表現方法です)

 

こちらの様に普段使う「真鍮」などの材料を100とした場合

鉄は4割くらい硬い材料になります。

 

このため、普段の真鍮材であれば

 

こちらの事例の様に非常に細かな模様も表現可能ですが

 

鉄だと、プレス加工で不具合が出る可能性があると判断することがあります。

出来るだけシンプルなデザインに修正をお願いしたり、

デザインのご相談を重ねることがあります。

 

鉄の材料で加工を行うことができれば

いつも通りに仕上の加工を行って、後はマグネットパーツを使用するだけ!

衣服に穴を開けない、マグネットパーツを使ったピンバッジの完成です。

 

 

 

 

お見積りはこちらからお問い合わせください。

 

 

最新の記事を見る

製作実績を更新しました C-070 2021/09/17
製作実績を更新しました M-065 2021/09/15
製作実績を更新しました M-064 2021/09/03
製作実績を更新しました C-069 2021/08/27
製作実績を更新しました P-053 2021/08/20

年月別

gotop